輸入車なび

海外メーカーの輸入車購入・販売について解説!

輸入車なび TOP → 海外メーカー フランス車

フランス車

フランス車は、世界的に人気の高い車が多いです。特にデザインに特徴があります。もともとは高級車として有名だったのですが、第二次世界大戦後に多くは消滅、それ以降は減少しています。

日本では1900年代にルノーという人物が日本に輸出して以来、フランス車の輸入車は一定の地歩を持っていました。その後、1990年代まで一部の例外を除いて「中古車価格が安い」「取り扱いディーラーが頻繁に変わる」などの欠点が取り沙汰されていました。

しかし、これらの欠点を払拭するほどのデザインの良さと独創性に富んだメカニズムが有名になり、フランス車は外国車の中でも一部の物好きだけが愛好する車になっていました。

1990年代の後半になり、フランス車の品質が急激に向上したことをきっかけに、プジョーやルノーなどの大手自動車会社が日本法人を開設するようになりました。

日本法人を開設したことでメンテナンスの心配が少なくなり、物好きだけが愛好する車ではなく、一流自動車メーカーとしての地位を築くことになりました。

ただ、残念なことに日本車が性能や品質の向上常に図っていたのに対して、フランス車は故障の多さなどが目立ち、マイナーな存在になってしまいました。

2000年以降はプジョー、シトロエン、ルノーの3車が日本法人直営化によって販売などが安定しました。ブジョーは、ポルシェの901の発売時、911と車名を変更させざるを得ない状況に追い込んだというエピソードはとても有名です。また、ルノーはのちに日産自動車の系列会社への移管が行われています。

海外メーカー


酒田市の不動産
はこちら