輸入車なび

海外メーカーの輸入車購入・販売について解説!

輸入車なび TOP → 輸入車の購入 輸入車の購入方法

輸入車の購入方法

輸入車の購入方法はいくつかあります。まずは並行輸入業者です。これは一般の商品を日本の正規代理店が取り扱っている商品を別の業者が、別のルートで輸入して販売することです。輸入車の場合は、自動車整備業の人が販売しています。

次に正規輸入代理店です。これは輸入元から輸入したものを契約した営業者が販売しています。最後に個人輸入になります。これは一部の人達が、日本で正規輸入代理店で扱われていない自動車を輸入したり、外国滞在中に現地で自動車購入し、帰国時に日本に持ち帰る方法です。

輸入車には大きく分けると、ディーラー車と並行輸入車の2種類があります。ディーラー車というのは、メーカー直営店や正規代理店で輸入・販売される車になります。日本の規格に合わせてパーツが取り付けられている輸入車です。

対して並行輸入車とは、正規ルートではなく別の流通ルートによって輸入された車のことを指します。通常ディーラー車の場合、直営店や代理店での点検・修理などのアフターサービスが万全です、下取り価格も安定しているメリットがあります。

そして、並行輸入車は正規輸入のものよりも価格が安くなります。価格が安いメリットはあります。しかし、並行輸入車の場合は、メーカー直営店や正規代理店などで修理してもらうことが出来ません。

それぞれにメリット・デメリットがあります。安心なディーラー車を選ぶか、値段の安い並行輸入車を選ぶか、購入する際はどちらが良いかしっかり考えるようにしましょう。

輸入車の購入


アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!