輸入車なび

海外メーカーの輸入車購入・販売について解説!

輸入車なび TOP → 輸入車の購入 輸入車購入のデメリット

輸入車購入のデメリット

◆購入する際に不利益になることがある
◆車内の使い勝手が悪いことがある
◆品質が悪いなどの問題がある
◆電気系統の故障が多い
◆ナビの性能が日本車に比べて劣ることがある
◆日本の高温多湿の気候に対応していないことが多い
◆高速道路での合流ポイントや右左折の時、追い越し時に安全の確認が難しい
◆ほとんどがハイオクを使用しているため、ガソリンのことを考えると燃費が悪い
◆故障する確率が国産車に比べるとかなり高い
◆コストパフォーマンスが低い
◆グレードが低くてもハイオク仕様になっている
◆ライトとウインカーのレバーが逆になっているため、慣れるまで使いにくい
◆舶来物なので部品修理費などが高い
⇒一般の修理工場などでは修理を断られてしまうことがあります。
◆整備に時間がかかる
⇒ディーラー網が確立していないと整備を行うことが出来ません。遠方まで出向かないと整備が出来ない場合や、整備に時間がかかることが多く不便です。

最大のデメリットは「故障しやすい」「燃費が悪い」「メンテナンス費用が高い」の3つでしょう。これらは輸入車の3大デメリットとも呼ばれています。

輸入車には、高い値段を払っても損をしないメリットが数多く存在しますが、少なからずデメリットもあります。購入するのであれば、事前に注意する必要があります。

輸入車の購入