輸入車なび

海外メーカーの輸入車購入・販売について解説!

輸入車なび TOP → 輸入車の基本 輸入車とは

輸入車とは

輸入車とは、日本以外で生産された車が日本に輸入されることです。日本では1965年に自動車の輸入が自由化され、世界各国から輸入されるようになりました。年間の新規登録台数は、数万台規模で推移していましたが、1980年代後半から急激に増加の岐路を辿っています。

1986年には史上最高となる42万台もの輸入車が売れましたが、その数年後には半分程度まで売り上げ台数が減少し、その後もゆるやかに減少傾向になっています。

日本で製造された車の方が購入しやすいなどの理由から日本のメーカーの車を購入する人が増え、近年では販売台数は7.9%という結果になっています。ただ、、国際化社会の発展と共に輸入車を購入する方は依然として多いです。輸入車しか購入しない方も中にはいらっしゃいます。

日本は自動車販売台数で世界第3位の巨大市場です。しかし、第二次世界大戦後は日本で現地生産を行う日本国外の自動車メーカーは残念ながらありません。

ここがアメリカなどの市場との大きな違いの一つではないでしょうか。このような状況の中、自国内で販売される自動車を「輸入車と国産車」と明確に区別し、それぞれ異なる基準で評価・認識されています。これは日本独特の慣行です。

国産車と輸入車どちらの方がメリットがあるかは人それぞれ違いますが、飽きのこない高いデザイン性、優れた機能や操作性など輸入車には輸入車にしかないメリットがたくさんあります。

輸入車の基本


イモバックス
イモバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!