輸入車なび

海外メーカーの輸入車購入・販売について解説!

輸入車なび TOP → 輸入車の基本 輸入車の歴史

輸入車の歴史

日本における輸入車の歴史は思っている以上に長く、20世紀初頭には既に日本に自動車が輸入されていたと言われています。西暦にすると、日本では輸入車は1945年以前にありました。

しかし、当時日本では自動車が売れませんでした。また、アメリカの価格に比べて日本での卸値を4倍ほどに設定していたため、一般的な価格での販売は見込みがありませんでした。

買い手がつかないことも多く、レンタカーとして需要を増やそうという意見もありましたが、それでも借り手がつかない状況が続いていたと言われています。

そこで、日本の自動車会社が花柳界を中心に売り出したところ、ある程度の販売が見込めるようになってきました。その反動で一般の人からは「輸入車は金持ちの道楽」というイメージを持たれるようになりました。

大正時代になると直接外国と取引するようになり、価格が安く抑えることが可能になります。輸入車がどんどん増加し、多くの輸入車がタクシーに使われていました。商社で自動車を取り扱っていない会社が皆無なほどでした。

第二次世界大戦の敗戦で連合国軍最高司令官総司令部が日本で活動するようになると、連合国軍最高司令官総司令部が使用するために東京を中心に大量の輸入車が持ち込まれるようになります。

当初は日本車が多かったのですが、アメリカ車を目の当たりにしてから輸入車に注目が集まるようになります。1950年代から1960年代はアメリカ自動車の最盛期で、アメリカ車は憧れの対象でした。この時は日本車はマイナーだったため、自動車は輸入車が主流でした。

1980年代後半は、バブル景気ということもあって日本車、輸入車共に売れていた時期になります。それ以降は日本車の方が売れるようになり、あまり輸入車は売れなくなってしまいました。

輸入車の基本


錦糸町 美容室 美容院 メンズ 人気 カット ヘアカラー オススメ
株式会社TRANSACTION