輸入車なび

海外メーカーの輸入車購入・販売について解説!

輸入車なび TOP → 輸入車の基本 輸入車のハンドル

輸入車のハンドル

輸入車、国産車を見分ける1番のポイントは、ハンドル部分になります。通常右側通行の国では左ハンドル、左側通行の国では右ハンドルが使われています。これは多くの方がご存じのことかと思います。

日本では左側通行なため、右ハンドルの車になっています。しかし、輸入車の一部は日本に合わせることなく左ハンドルのままになっています。それは高級外国車の象徴といった自動車本来の機能を無視したものです。ただ、左のハンドルでも法律に違反していることにはなりません。

乗らないと気がつかない事ですが、ウィンカーやワイパーの取付位置も逆になっています。日本車のように付け替えることも可能ですが、これも法律で決まっていることではありません。

日本では右ハンドルが基本となっているので、左ハンドルの自動車では不便なことが多いです。例えば、高速道路やドライブスルーは、右側から物やチケットなどを受け取れるようになっているため、左ハンドルにとっては不便になってしまいます。

では、輸入車を購入する際に右と左のハンドルはどちらが良いのかという問題が起こりますが、外車をそのままで味わいたいのであれば、やはり左ハンドルにした方が良いでしょう。

特別なこだわりなないのであれば、右ハンドルにした方がいろいろと便利かもしれません。イギリスでは、助手席に乗せた女性を歩道に下ろすのが当たり前の習慣になっています。輸入車であっても右ハンドルの車に乗る人が多いようです。

もし、これから輸入車を購入する予定がある方は、右ハンドル・左ハンドルについても考えておくことをおすすめします。

輸入車の基本


エダラボン
エダラボンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!